脱毛をしている間はケガに注意

脱毛をするためにエステ・サロン・美容皮膚科に通っている間は、ケガをしないよう十分注意しなければなりません。
エステ・サロン・美容皮膚科では、日焼けをすると施術が難しくなることはよく知られていますが、ケガをした場合も同様です。
傷やあざがある部分の脱毛は、可視光線の過剰反応・感染症など様々なトラブルの原因となってしまいます。
傷やあざが小さい場合はその部分をカバーして周囲を脱毛することが可能ですが、傷やあざの程度によってはキャンセルをしなければならない可能性があります。
子供の頃のケガが原因で残っている傷跡については、カウンセリングの際に相談しておくと安心です。
また、虫に刺された場合も跡が残りやすいため、注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ